愛犬を中心に 日々の生活そのままの日記です




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
宿命
評価:
東野 圭吾
講談社
¥ 650
(1993-07)

本命はあの分厚い本だ。
それへとつながる原点ともいえる本と書いてあったので、まず読んでみました。

そうだったのか・・・っと納得のラストではあったけど
「さまよう刃」と「手紙」を読んでしまった以上、満足とまではいかなかった。
<つながる>に期待しながら読んだけど
実際にストーリーがつながっている訳じゃないんだろうなと思いつつも
意外と順番とか段取りにこだわる自分に気が付いた。

読書 comments(2) trackbacks(1)
スポンサーサイト
- - -
Comment








こんばんは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
from. 藍色 | 2010/01/19 02:51 |
ご訪問ありがとうございます。
こちらもトラックバックさせていただきました。
よろしくお願いします。
from. なべ | 2010/01/19 23:08 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://sahachi.jugem.jp/trackback/100
和倉勇作は苦労を重ねて警察官となった。 殺人容疑者として現われたのは、学生時代勝てなかった瓜生晃彦だった。 途中から展開は予想通り...
| 粋な提案 | 2010/01/19 01:50 |
<< NEW | TOP | OLD>>