愛犬を中心に 日々の生活そのままの日記です




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
メモリアル
昨日は「立春」
暦のうえでは、もう春なんだそうです。
岩手県地方は寒さのピークをむかえており
毎日厳しい冷え込みで、まだまだ春は名のみといったところです。

さて、我が家の宝息子のサブくんがお空に旅立ってから3カ月半が過ぎました。

13年前、はじめてサブのあの暖かさにふれて以来
1日でも、1分でも1秒でも遠い未来のことでありますようにと願ってきた
「その日」がきてしまってから、まだ3カ月なのか、もう3カ月なのか
時の流れの感覚もわからぬまま、それでも日々は元気に過ごしております。

とんかつや恵方巻き、モリモリ食べたり
はっちゃんとうめちゃんとガハハ〜っと笑ったり
嫌いな雪かきもちゃんとしているし
コタツでテレビ見てボケ〜っとしたりね。

でも、そんな普通の暮らしの中に、もうサブがいない。
ついこの前までここにいたのに。
そんなことをつい思い、あのふわふわした手触りが恋しくて
不意に自分ではコントロールできないような
感情の大波が押し寄せてくる。
「大丈夫、心配しないでね」って
お別れの時、サブに何度も言ったのに
これじゃ心配してるよなーっと
そんな自分を少し持て余し、情けないなと思っていました。

サブの写真を見るのも辛くて
写真の整理なんて、何年も出来そうにないと思っていました。

でも、大事な大事なお宝画像を
フロッピーに入れたままになっていたのがあったと突然思いだし
焦りまくっていたところ、後付けのフロッピーを
なんかとんとん拍子でお借りできることになっちゃって
えーっ、今?っと、戸惑い迷ったけど
私はそういう「流れ」というものに
逆らわないようにしようと思っているところがあるので
今回も「流れ」のままに、フロッピーディスクドライブをお借りして
何年も先延ばしになる予定だった、サブの写真の整理をはじめたのでした。

で、これまた急なんですが
サブのスライドショーを作ってみたいと思い立ち
デジタルフォトフレームなんて持ってもいないのに
それ用に・・・とか思ったくらいにして
気が付けば無我夢中で、作成作業にいそしんでおりました。

それがね・・・
それをね、まぁ何度見ても泣いてはしまうのですが
サブとのキラキラした日々を改めて見ているうちに
こんなに愛して愛して、それ以上に愛されて
いつも一緒だったサブだもの。
毎日毎日、見るたびにかわいくて
お座りしてるだけでかわいくて、瞬きしてるだけでもまたかわいくて
そのたびにギュウギュウしてきたサブだもの。
そのサブが、もう手の届かないところにいってしまったんだもの。
グズグズウジウジしてない方がおかしいよ。
メソメソしててこりゃ当然だわ って開き直れちゃったりして
それととことん付き合っていこうと覚悟ができたことで
また自分の気持ちの中で、何らかの折り合いがついたような気がしています。

心にギュっとふたをして、ただ痛いのが過ぎるのを
じっと待つしかないと思っていたけど
痛いところのふたをこっそりと開けて
恐る恐る甘い塩をぬってみるような感じではじめた写真の整理。
今回も「流れ」にのって正解だったのかも。
サブが導いてくれたのかなーなんて。

きっと今が踏ん張りどころ。
ウジウジもするけど、踏ん張ることもやめないで
うまいこと両立していけるように、そろそろなってきたのかな。

スライドショーは、完全に自己満足のためだけに作ったものですが
こうやってかたちになってみると、やっぱり誰かに見てもらいたくなるんだな。

やっとサブのメモリアル企画ができるくらい
それは逆に元気が出てきたと受け取っていただけたら幸いです。

チワワンフレンドの皆さまにおかれましては
色々と心当たりがあるお写真が飛び出すことと思います。
古いの引っ張りだしたり、勝手に使ったりして申し訳ないですが
すべては私の思い入れの深さとご理解いただければ、これまた幸いです。



では、サブくんのメモリアルスライドショーはこちら
 

行けない場合は
http://homepage2.nifty.com/h-sabu/sun.son.sabu.html
こちらをコピペしてご覧ください。

結構長いので、胸焼けする前に逃げる準備をお忘れなく。
で、無限にリピートしますが、私の力不足によるもので決して嫌がらせではないです。
そこはぜひ、ポチっと閉じるボタンを押してお戻りください。
音楽もついてますので、音量にもご注意ください。

見てもらいたいとか言いながら、言い訳多いな(笑)
だって、自分の心の奥の方の思いを
言葉やかたちにして伝えるのってドキドキするぅ。
一週間は悩んだもの。
 
サブとの大切な思い出にふたをするのはもうやめて
サブとの思い出と共存しながら
これからは、はっちゃん、うめちゃんにも
サブに負けないくらいキラキラした日々をおくらせてあげたいと
今、心から思っています。

長々とお付き合いいただき、ありがとうございました。
サブとはち comments(4) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








メモリアルスライドショー・・・可愛いサブ君、ほんと懐かしく昨日の事のように見させて頂きました。私も時々マイケルとベティのアルバム(画像)を眺めては笑ったり苦しくなったりしてます(笑)でも、それで良いんだと思うよ。何度も何度も繰り返して見てるうちに心の中に記憶されてく感じがする。ポコさんはサブ君に繋いでもらった命、先月少し消えかかったけど復活しました。2kg近くまで減った体重も手作りお雑炊が功を奏して2.2kgまで増えました。フラフラで真っ直ぐ歩けなかった足元もしっかりとしてきました。きっとサブ君がポコと一緒に生きてくれてるんだね。って勝手に思ってます。サブ君これからもヨロシク!
from. kumi | 2012/02/06 22:27 |
kumiさん♪

見ていただいてありがとうございます♪
スライドショーの一番最後のお写真、あの最高のショットは
ボウちゃんのお庭で、mamoさんが撮ってくださったのですよね〜。
あのお写真送っていただいた時、嬉しかったな〜♪
サブの犬生でNo1のショットに認定で、ラストを飾らせていただきました(笑)
本当にありがとうございましたm(__)m

mamoさんにも、よろしくお伝えください♪

そうですね、私もやっとこれでいいんだと思えるようになりました。
お写真、見ないようにしてたけど
じっくり見ることの方が、効果あったみたいです(笑)

ポコちゃん、お雑炊が気に入ってるみたいで良かったですね。
何でも食べてくれたらそれだけで嬉しいけど
結局ママの手作りが良いって、愛しさ倍増ですね。
ポコちゃん、今日はなに食べたかな〜って
なんかつい考えちゃって、教えてもらって嬉しかったです。

明日もモリモリ食べてくれますように。
from. やっち | 2012/02/07 20:58 |
やっちさん、こんにちわわ。スライドショー、とても楽しみました(^-^)。アイコンもなつかすぃ〜。どのお写真もすんごくかわいかったけど、私の中のベストショットは、ビーニーチワワと一緒に「待て」をしている一枚かな。

実は今朝、ちよちゃんが亡くなっていました。20歳だったので、とっても長生きしたと思うけど、やっぱり泣けた〜そして色々なことを後悔しました。しょうがないんだけどね。
from. ボウち | 2012/02/11 16:30 |
ボウち

ちよこさん・・・20歳ってすごいことだよね。
偉かった偉かったって、褒めてあげなきゃいけないんだけど
でも寂しいよね。

後悔しないって、難しいね。

サブのメモリアルにお付き合いいただいてありがとう。
アイコン、引っ張りだしてごめんね(^_^;)
今見てもな〜んてかわいいんだろうって思って使わせていただきました。
大切な宝物のひとつです。
あと、ボウちゃんのところの素敵なお庭のおかげで
サブちんがお坊ちゃんみたいに見える〜。
サブもとっても楽しそうで、見るたびに嬉しい気持ちになります。
ビニーチワワのは、あれ見て何度も何度も笑った大事な1枚です。

お別れって寂しいけど
今までの楽しかったことを支えに、一緒にがんばろう〜。
from. やっち | 2012/02/12 12:41 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>