愛犬を中心に 日々の生活そのままの日記です




スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
読書の秋

本を読んでいました。
何年ぶりの読書かわからない。
基本、本を読まないことが、昔からコンプレックスの1つとなっているくらいです。
私はのん気なところもあるけど、ちょっとせっかちなところもあって
先を急ぐあまりに、今、目の前にあることに集中して
ゆっくりと丁寧にことを進めていく作業がどうも苦手なようなのです。
私とは対照的に、姉は子供の頃からよく本を読んでいて
夢中で読んでいる時は、どんなに話しかけても相手にしてもらえなかった。
そんな姉に影響されて、本を読もうと思っても
普段読む習慣がない私は、何を読んだらいいのかがまずわからない。
高校を卒業してすぐに、東京に出た姉に
読みやすくて面白い本はないか?と電話で聞いたことがあった。
じゃ読み終わった本で何か見繕って送ってあげると言われた。
普段は約束なんてちっとも守らない、いい加減な姉なのに
その時はすぐに送ってくれたんだった。
私が本当に本を読まないのを知っているから、読みたいと思った気持ちを
大事に思ってくれたのか、姉は少し嬉しそう・・・だった気がする。
それももう随分昔のことだ。
 
今年の夏、久しぶりに会った友人が、実は読書が好きだったとブログで知ることになる。
友人のブログに紹介されている本を見ているうちに
忘れていた読書への憧れを思い出して、むくむくと読みたい気持ちが沸いてきた。
そうだ、読書の秋にしよう!

その中で、東野圭吾という名前が私の中にすんなりと入ってきた。
あ、この人知ってる。
ミステリーな感じは、本来好みではないけど
いやいや、むしろ苦手で、殺人とか割と受け付けないんですけども
「流星の絆」とか、「白夜行」なんかをドラマで見ていたからどうも気になった。
そんな時テレビで、「さまよう刃」の映画のコマーシャルが流れて
娘が殺される話か・・・っとそれだけでちょっと苦しくなったけど
これだけ賞を取ったり、ドラマ化や映画化されていたり
ベストセラーになったりしているのは、きっと何かがあるに違いないと思った。
それが、何年かぶりの読書で、私が東野圭吾さんを選んだ理由です。


そういえば図書券があったじゃないか。
ちゃんとした本を買おうと心に決めて、後生大事に取ってあったんだ。
ヨレヨレの図書券を持って、本屋に行ってみると
東野圭吾さんのコーナーがドーーーーンっとあった。さすがだな。
「さまよう刃」を手にとってみたけど、分厚いのがどうも気になって
最初からそんな・・・っと「赤い指」を購入することに。

半日で読めちゃうくらい読みやすくて、内容がちゃんと入ってくる感じが
読書ビギナーの私にはとても嬉しかった。
でもだいぶ後半に入るまでは、なんてひどい話なんだとそれしか思えなかった。
こんなひどいことが頭の中にある東野圭吾という作家を、一発で嫌いになりそうなほど
イヤな感じだったけど、でも読むのを止めようとは思わなかった。
我慢じゃなくて、夢中で読み進めることが出来たのはどうしてだろう。
読み終わったら、あぁ・・・そうか。なるほどな。っと思った。
事件とは少し反れたあたりの取り巻く感じが、私を感動に導いてくれた。
もう一冊、読んでみようと思う。

読書 comments(2) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








おぉ!!読書仲間が増える喜び♪

「赤い指」泣かなかった?
私だけなのかな(^^;
たまたま、病院の待合室でラストを呼んでしまい・・・・
泣くのをだいぶ我慢して後悔したよ(^^;
家で読んで、思いっきり泣きたかった(笑)

「さまよう刃」は、読んで損は無い作品!
でも、お察しのとおり、非常に気分が沈みます(^^;

あとは「手紙」も間違い無いと思う♪




個人的には、お姉さんが見繕ってくれた本が非常に気になる(笑)

from. yukiちゃん | 2009/10/12 14:06 |
それがさぁ、泣かなかったんだよ。
あの内容は、普通泣くと思うんだけど…。
そんな自分に少しガッカリした(笑)

そっか!
じゃぁ「さまよう刃」は絶対読むよ!次の次くらいかな(笑)
「手紙」はね、義姉に借りた3冊の中に入ってたから
読むことになると思うけど
先に映画を見ちゃってて、内容知ってるから
これはだいぶ後回しになりそうです(笑)

姉が送ってくれた本はね
吉本ばなな、キッチンはじめ数冊と
伊集院静「乳房」とかその辺り。
「乳房」は感動した記憶がある…。

読書仲間になれるよう、がんばります!
先輩!!よろしくっす(笑)
from. なべ | 2009/10/12 20:49 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>